NISAに愛称決定!日本版ISA(少額投資非課税制度)

4/31に日本版ISAの愛称がNISA(ニーサ)に決定しました。

安直さが素晴らしい。感動すら覚えます。
50代の男性が考えたそうですが、他にも大勢が考えていそうな名前ですね。

1人につき1口座と言われていたと思ったら金融庁が複数口座可にするとか、中長期的な資産形成を目的としているが、5年までしか口座が使えないとか微妙感満載ですが、100万円までの資金に掛かる税金がなしになるなら使わないと損です。来年以降株式等に掛かる税金が20.315%に上がるため利用しておきたいものです。しかし、開設が面倒、あと7ヶ月と少ししかないのに全然内容が固まりきっていないように感じる、100万円までの制限、1度売買が終わるとその金額分は再利用できないなど、まわりくどく面倒な割にメリットが多いのかが微妙すぎます。悩ましい。

デメリットも当然ある。損した時に通算できない。
5年の期間が過ぎて保有している場合は、特定口座や一般口座に移せるそうだが、取得費がその時の時価らしい。
利益がある場合は良いが、損がある場合は最悪な制度である。本当に少額投資家に優しいのか疑わしい。投資信託買わして手数料もらいたいだけにしか思えん。

少しはNISAについて調べていった方がよいと思いながら、どうせまたころころと内容が変わるだろうから振り回されるだけ無駄と思ってしまうので9月ぐらいまで完全に放置気味でいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です